「ネパール人彼」の母国を好きになれるか?
□投稿者/ リホ
□投稿日/ 2003/12/08(Mon) 20:51:41
□IP/ 219.17.144.170


こんにちは。いつも楽しくよませてもらっています。

少し質問をしたい事があります。私は現在ネパール人の彼と付き合っています。今
は日本にいますが近い将来結婚をして何年かしたら、国に帰るといっています。私
ももちろんついていくつもりではいるのですが、実はネパールという国に行った事
がないのです。話は色々聞いたり自分でも調べたりしているのですが、やはり「百
聞は一見にしかず」だと思い年末に一度行ってみようと決めました。が、決めたの
が遅く、年末は無理でした・・。あきらめずに2月かゴールデンウイークか、遅く
とも夏には行きたいと思っています。でも、行ってみてもしかしてどうしても合わ
ないって事もありそうで、少し怖い気もします。


結婚してネパールに住んでいる方は、多分何回かネパールに行った事がある方がほ
とんどだと思いますが、旅行で行くのと住むのとでは、全く違いますよね?自分の
国ではない国に住むのは、不安はありませんでしたか?


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 301 ] / 返信無し
NO.302  Re[1]: 国際結婚で、ネパールにも惚れられるか?
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/12/09(Tue) 00:31:18
□URL/ http://japanepal.com/
□IP/ 202.52.251.144


リホさんへ

是非一度、ネパールに来てみてください。ネパールが気に入るかどうか+彼の親族とも、
うち解けることが出来るか。やってみないと分からない......の世界ですから。


あとは、彼がネパールに帰ってからの「人生設計」の確認でしょう。日本で何かを掴ん
で、ネパールでそれを活かして、彼とリホさんの生活が出来るだけの経済的基盤を築ける
かどうか。またリホさん自身が、ネパールで何が出来るか?


この部分は是非、シビアに判断してみてください。

日本にいてもネパールでも、経済的基盤がなくては生きていけません。特に、ネパールの
ような途上国の経済の中で、日本人が暮らしていくのは簡単ではありません。ある面「金
食い虫」の日本人妻を抱え込んでしまう彼や、彼の家族にも覚悟が必要でしょう。


他のみなさんのご意見も、お待ちしています。

この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 301 ] / ▼[ 306 ]
NO.304  Re[1]: (無題)
□投稿者/ ちゃんどらまー
□投稿日/ 2003/12/09(Tue) 12:52:44
□IP/ 210.88.56.154


リホさん こんにちは そして はじめまして
私は、日本人の前夫と離婚して、二児の子供を連れてネパール人と再婚しました。3年程
前に、現在の夫と結婚する為に日本に招聘しましたが、ならず私のほうから、二児の子供
を連れて3人でネパールに行きました。不安はまったくありませんでした。不安とは何で
しょう?自分の心の中だけにしかないものです。私は、夫といられるなら、何処だってい
いと思いました。ネパールはこの時が2回目ですが、1回目はインドに行ったついで、っ
手感じだったので、観光地で写真をとったくらいで、ネパールの本当の生活はぜんぜんわ
かりません。短期の旅行と、実際の生活はぜんぜん違うと思います。実際ネパールでの生
活は、日本とは比べ様もなく不便です。(注意:全ての人がこういう生活しているわけで
はありません。日本での小金もちならお手伝いさんも、お抱え運転手付の車もあるし、日
本の生活より快適かも知れません。ここに書いたことはあくまで私の経験です。)乾季に
は毎日ポリバケツに水を汲んで水汲み場から、家まで山を登らなくてはならなかったし、
水汲み場では、近所の人たちに「日本人が住んでるから水がなくなるんだ」と根も葉もな
いこといわれても、耐えました。寒い冬でも外で水浴びしました。バイクの修理屋さんな
んて無いところでバイクが故障して何キロも山道を歩いて帰ったこともあります。なけな
しのお金をすられたことも・・・。いろいろつらいこともありましたが、日本にいては出
来ない経験です。夫と一緒に乗り切ることで、愛情も絆も増していくことと思います。こ
の経験のおかげで自分に自信がつきました。自分を信じて、夫を信頼していれば、何処に
住んでいても同じだと思います。
現在は日本に住んでいますが、どんなに不便で苦労が耐えなくても、やっぱり私はネパー
ルで暮らしたいけどね。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 304 ] / ▼[ 307 ] ▼[ 312 ]
NO.306  Re[2]: おお、すごい!
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/12/09(Tue) 14:23:15
□URL/ http://japanepal.com/
□IP/ 202.52.251.142


ちゃんどらまーさんへ

もうすぐネパール里帰りですね。お待ちしています。

ちゃんどらまーさんは、だんな様に「惚れぬいて」いるんですね。すごい。

私の場合は、連れ合いに惚れていると云うより先に、ネパールに惚れた訳です。
で、そのネパールに住み着く「課程」のなかで「家庭」が出来た訳です。私がネパ
ール社会で蔓延る(?)ために、最大限の助力をしてくれる連れ合いには、いつも
感謝しています。


私はネパールで、ネパールを尊敬したいし、自分もネパール社会から軽蔑されたく
ありません。人間として尊敬できるネパール人である亭主を、尊敬し続けられるか
らずっとカトマンズに住み着けたのだとも思います。


人間の価値観は「それぞれ」ですから、そのひとなりの「答え」があるでしょう。
リホさんの質問はまた、リホさんの「生き方」であるのですから、正しい答えはな
いとも思えます。


「うちはこうだったよぉ〜」という、おのろけ編を多数お寄せいただければと思い
ます。リホさんの勇気にも結びつくでしょうし、みんなの心も暖めることでしょ
う。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 306 ] / ▼[ 309 ] ▼[ 314 ]
NO.307  Re[3]: おお、すごい!
□投稿者/ リホ
□投稿日/ 2003/12/09(Tue) 20:06:03
□IP/ 219.17.144.170


ミキさん、ちゃんどらまーさん、レスありがとうございます!

ミキさんの言うとおり、一回ネパールに行かない事にはわからないですよね。ま
た、経済的基盤がしっかりないと、生活していけないですよね。彼は日本にきて学
んだ事を生かして仕事をしたい、と話はしているのですが、それがうまくいくか
は・・。でも何事もやってみないとわからないですよね。何か保障がないと不安な
のは私だけが思っているようで、彼は自分の国なら成功する、と自信ありありで
す。自信があるだけに何かしらはあるようですが。


ちゃんどらまーさんの、情熱というか、決心というか、すごいですね〜!「自分を
信じて夫を信頼していれば、どこに住んでいても同じ」というちゃんどらまーさん
の言葉に深い感銘を受けました。自分はどこまでの気持ちがあるのだろう・・?


昨日あいのりを観ました。今ネパールを旅している所です。ストリートチルドレン
が日本人にお金や食べ物をせがんでいる場面がありました。貧富の差が激しい国な
んだな、子どもを見ていて悲しくなりました。これはたったの一場面に過ぎないの
でしょうが、日本では当たり前の事がそうではない、日本のようには裕福ではない
という実感がわいてきました。本当にそういうところに住めるのかな?と思ってし
まった自分が少しずるいというか、うまくいえないのですがそういう風に思った自
分が少し嫌になりました・・。すみません関係なかったですね。



自分の人生、生き方は自分で決めて進んでいくものですよね。お二人の貴重な意見
を参考に、悩みまくって答えを見つけたいと思います。あ〜どうしよう??


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 307 ] / 返信無し
NO.309  Re[4]: おお、すごい!
□投稿者/ ひよこ
□投稿日/ 2003/12/09(Tue) 21:13:13
□IP/ 210.149.190.137


リホさん初めまして。
お悩みですね。あいのりの子供のことは、日本でもホームレスを撮影して強調すればああ
なりますので、実際のところは御自分の目で見て感じたほうがいいとおもいます。
わたしは、かなりネパールの人と結婚して長いですが、日・ネカップルでは珍しく、日本
在住希望者です。
ネパールは大好きですが、住むのと時々里帰りするのは大違いです。
自分の中で、あらゆる差別が生理的に許せない部分があり、ネパールの主人の実家に帰る
と、8歳くらいの女の子が下働きしてたりして、そういうのに耐えられないのです。
両親やネパールの習慣まで否定しません、だけど自分も同じように振舞えないんですよ
ね。
だから、せっかく一族と上手くいっている関係を、ネパールに住んでかき回したくない。
軋轢を生みたくない。
自分の親でも、遠くに住んでいると、たまに帰ると人一倍親孝行したくなったりするじゃ
ないですか?あんな感じで、いまネパールと付き合っています。
体当たりしている人から見れば、甘いですが、それが私の人生の過ごし方と決め、主人も
ことのほか日本が気に入ったので(多分今のネパールを愛するミキさんのような状態)こ
ちらに住んでいます。
こういう考え方、生き方もあるという1選択として、参考までに書きました。
まだまだ、ゆっくり悩んでください。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 307 ] / 返信無し
NO.314  リホさんへ
□投稿者/ MOMO
□投稿日/ 2003/12/10(Wed) 18:58:34
□IP/ 219.185.94.189


こんにちは。MOMO@ココにも金食い虫一匹です。
夫と2人で日本に在住、ネパールで長期生活している訳ではないです。
放浪癖もあるので「外国に関して不安になる」という事はないので
私が書き込んでいいのか迷ったのですが・・・。


来年の旅行は彼も一緒だったらいいですね。
ネパールのご家族に会ったら不安が飛んでいくかもしれないですよ。
逆も考えられますが、それはまたその時考えれば良いと思います。
何か不安があって、結婚前に訪ねるチャンスがあるなら是非行ってみたら
良いと思います。


私は結婚後初めてネパールに行きましたが何の不安もありませんでした。
今よ〜く考えると、無謀だったかなぁと思ったり・・・しないなぁ。
結婚前も数年付き合いましたがその間で彼がどのような家庭に育ったか
どういう感覚の持ち主か等、判っていたからかもしれません。
また私は結婚前に彼の家族が日本に来て会う機会があったからかもしれません。
元々無駄にポジティブだったからかも。


「夫がとても頼りがいがある男性か?」と聞かれたらNOです。
それでも何の心配もなかったのは 
”2人一緒なら大丈夫”、という自信があったからだと思います。
私の場合「彼なら大丈夫」という自信ではなく、多分、自分の選択の自信です。


正直、私はネパールに特別な思い入れや愛情はありませんでした。
旦那がネパール人なのだから国も好きか、興味があるのかと聞かれたら
それは今はまだ心からYESと言えません。
ですが夫の家族がいつもいるネパールは好きでネパールに行くのは
私達の楽しみです。愛する家族がいるからです。


好きですが、滞在中水道が止まったりすると私は大変落胆します。
そもそも国を愛して、ネパールの良い所もそうではない所も理解して
彼と一緒になった訳ではないので、そのようなアクシデントがあった時
笑って”ネパールらしいなぁ・・・”と愛しく思える程
私は覚悟もできていないし、寛容ではありません。


もし、別の場所だったら←ドリフのコントの「もしもシリーズ」ですが。
「もしも私の憧れのモルディブの綺麗な海が見える場所で
           地元のマッチョな男性と結婚して生活していたら?」
たまに水が止まったら私は「しょーがない。海でも散歩しよう!」と
その国らしいアクシデントを楽しむ気持ちになれるかもしれません。
だって上下水道整ってないのは承知で好きなところに住んでるのですから。
でもこれも悲しい想像・アブナイ妄想の域を出ません。


それに例えどんなに好きで自分で決めて住んでいたとしても、
毎日の生活で、大人ですから色々なことがあるでしょう。
お子さんがいたりすればまた違う社会がありますから余計色々あるでしょう。
仕事を持っていればそれなりのお付き合いがありますからまた色々あるでしょう。
そしてそれは日本でも同じかな・・・と思うのです。
東京出身の人が関西地方にお嫁に行って戸惑う事があったり。
でも、それが”改善の余地があるもの”なら改善するべく
夫婦で前向きに働きかければ良いのではないかと思います。
こうしてネパール人妻の先輩方、人生の先輩方に色々お話を聞ける機会も
今はあるのですから。心強いではないですか。



余談ですが、私も彼もそれぞれ同じような家庭に育ちました。
偶然と言うか必然と言うか。
衛生観念、愛情表現豊かなラテン系家庭だった事、家族の仕事や経済状況も
似ていました。私達をとても愛してくれた家族がいる事も。
もしかしたらそういう共通点が異国間の不安や違和感をなくしてたのかな
と思います。
(全然違う環境で育っても違和感を感じない人もいると思いますが)


お互いのパートナーの家族がどのような人か?も、
ネパール滞在、日本滞在を大きく左右するのかな、と思います。
彼のファミリーが素敵な人達だと良いですネ。


私は自分の親と再会しても別れても涙一粒も出ないのに、
夫の年老いた親と再会したときは義母と抱き合い2人で大泣きしました。
別れるときも大泣きでした。
私、ネパール語しゃべれないくせに(笑)
ネパールの女性は再会したときには挨拶で泣くのかも?
よく判りませんが、私は義両親と会うのがとても嬉しく感動してしまうのです。


どうしてもネパールが合わない場合はどうしたら良いか?は、
ご自身で決めるしかないと思いますが
1人で日本に帰ってくる選択もあるでしょうし
旦那さんと話し合って日本で暮すことにする選択もあるでしょうし
お互いに工夫して2人でネパールで頑張る選択もあるでしょうし
第三国で暮す選択もありますし。


それよりも早々に旦那さんの気が変わって「やっぱり日本で住もう♪」
という話になるかもしれませんね。
そうなるケースが多々あるような気がします。特に日本で働いてた方の場合は。


どのようなお仕事かはわからないですが、それで生活ができるのか、
リホさんをきちんとケアできるのかとことん話し合ってみると良いと思います。
仕事も当然ですが、彼の家に同居なのか、ご両親や扶養する家族がいるのか、
いっぱい話すことはあると思います。
話していて解決していくこともあるかもしれませんね。
彼がどのようにプランを持っているのかも知るチャンスですし。
たくさん話あって、ネパールに行ってあなたが決めれば良いと思います。
お幸せに・・・。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 306 ] / 返信無し
NO.312  Re[3]: それでは「おのろけ編」を…
□投稿者/ かんち
□投稿日/ 2003/12/10(Wed) 14:43:14
□URL/ http://www.cya-cya.com/nepal
□IP/ 202.52.251.142


ナマステヾ(@⌒ー⌒@)ノみなさま。
今朝は雲が垂れ込めてKathmanduは寒いっすねぇ。


さて、私の場合はダーリンと結婚する時「これで最強の味方が出来た!!」って
思ったんですよね。
世界中が敵に回っても、この人だけは絶対私の味方でいてくれる!!って。
なので、ちゃんどらまーさん同様「こいつと暮らせるなら、どこだっていいや」っ
て思ってます。


しかし、だからといって「ネパールが好き?」と聞かれたら、ちょっと困る。好き
なとこもあれば、嫌いなとこもある…。
でもまぁ、日本だって同じだしなぁ。となると、やっぱり「国」とかじゃなく
「人」なんじゃないかな?
ほら子供がよく言う「学校は嫌いだけど、友達は好き!」だから学校へ行く!!っ
ていうアレ。
好きなものや、好きな人がいれば、人間何処でだって何とかやっていけるんじゃな
いかな?反対に、それがないと何処でだって、どんなに居心地のいい場所でだって
暮らしていけないんじゃないかなぁ?


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 301 ] / ▼[ 313 ]
NO.311  Re[1]: 国は嫌いでもいいかな?
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/12/10(Wed) 00:03:41
□URL/ http://japanepal.com/
□IP/ 202.52.251.142


ひよこさんの気持ち、すごくよく分かります。

ネパールって、不公平なのが当たり前の世界ですよね。「清く正しく美しく」じゃ
なくて、「強く、賢く、絶対に勝つ」の世界。世の中の価値判断が、日本とは違い
ます。どちらが正しいとは云えませんが、どちらも間違ってはいない!と思うしか
ありません。


ネパール人である「相手」を愛するなら、「相手の国・文化」も全て受け入れなく
てはいけない!なんて思わず、肩の力を抜いてみてはいかがでしょう。ねぇ、リホ
さん。人生長いので、無理は禁物。


あとは、バラエティ番組は、まぁ、いろいろ、なので、観てあまり真剣に考え込ま
ない方が宜しいかと思います。いずれにせよ、どんな素晴らしい番組でも、自分の
体験の方がずっとすごいし、自分にとっての真実だと思います。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 311 ] / ▼[ 318 ]
NO.313  お邪魔します。
□投稿者/ はるな
□投稿日/ 2003/12/10(Wed) 15:24:00
□IP/ 210.236.185.18


こんにちは。はるなといいます。
リホさん、他の皆さん、はじめまして。
皆さんのように、うまく思っていることが書けるかわかりませんが、私も日ネカッ
プルの一人なので、何か伝えられるかなと思い、お邪魔させてもらいますね。


リホさんはこれから結婚されるということですが、私達も結婚する時は日本で数
年、お金を貯めてからネパールで生活しようと話し合っていました。でも、現実に
は、子供が生まれたり、状況がいろいろと変わってきました。ミキさんが書かれて
いるように、ネパールで何が出来るか?シビアに考えると、実は日本の方が、楽な
ことが多いような気がします。
これは、私達がネパールで生活してみてわかったことです。
そして現在は日本の田舎で(ネパールよりものんびりリズムで)楽しく暮らしてお
ります。


是非、結婚前にご主人の生まれ育った国をご覧になってくださいね!結婚後の生活
は、どうなっていくか?それはどうしても流動的かもしれません。もちろん、沢山
話し合ってくださいね。


では、お幸せに!!


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 313 ] / ▼[ 320 ]
NO.318  がんばるぞ
□投稿者/ リホ
□投稿日/ 2003/12/10(Wed) 20:48:05
□IP/ 219.17.144.197


皆様からの温かいお言葉に、感激しています。ありがとうございました!ネパール
人妻の先輩方のお話を聞けて、悩みを相談できる場があるのは、本当に本当に心強
い限りです!!


来年の2月に、1週間位ネパールに行く事に決めました。彼ではなく友達とです
が。一緒に行ってくれると言ってくれた友達がいたのです。まだ航空券のチケット
は取っていませんが、明日にでも旅行会社に行って取ってこようと思います。


彼が一緒に行ってくれたらどんなにいいか、と思いますがVISAの関係で無理な
ので・・。(その事もこれから解決しなくてはいけない問題なのです・・。)


ネパールに行ったら、彼の家族にも会ってくるつもりです。というか、彼の父が
(家族が)私をもう嫁扱い?して、来るなら顔を見せないとダメ!というような事
を言っているそうです。そこら辺の感覚が日本と違うな〜と思いました。私として
はまだ結婚していないし家に行くのはずうずうしいかと考えてしまうので。


ネパールとの付き合い方は、100%好きか0%の嫌いか、ではなく30%とか7
0%とかの付き合い方でもいいんですね。ミキさんの「無理せず」という言葉に気
持ちがとても楽になりました。これから、自分なりのネパールとの付き合い方を見
つけていきたいです。でも結局は、かんちさんのいうように国がどうこうではなく
人、ですね!


彼は長男ですし、両親の面倒を見なくては、と思っています。それに今まで送った
お金で立派な家を建てたそうです。日本で稼いで、あっちで楽に暮らしていきた
い、と申しております。でも、はるなさんご夫婦のように、ネパールで生活してみ
て、だけどやっぱり日本に戻ってきて日本でゆっくり(ここ重要!働いてばかりは
疲れてしまいました。)生きていく、という可能性もなきにしもあらずだな〜と思
いました。彼の気が変わる事も充分ありえますものね。


私は何事にもじっくり考えて、時々考えすぎてしまう所があるので、MOMOさん
のようなポジティブな性格がとってもうらやましいです!でも、これからは「長い
人生平凡に生きるより、色々刺激があるほうが面白いじゃん!」と思う事にしまし
た!よし、がんばるぞ〜。




この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 318 ] / ▼[ 321 ]
NO.320  Re[4]: 彼も、がんばれ!
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/12/10(Wed) 22:25:29
□IP/ 202.52.251.143


彼のビザの問題......詳しい状況は分かりませんが、乗り越えてください。ただし
リホさんに、法的な不利益などの事態が起こりませんように。


日本でいくら稼いでも、ネパールに帰るとお金はなくなります。また、民族や家族の考え
にもよりますが、長男でなく末っ子が両親と共に住む例も多いですよ。ただし、「お金の
ある人」のところに、みんなが集まってくる......のは、よくある話。


彼にも頑張ってもらいたい!と、また、いらぬ心配。

この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 320 ] / ▼[ 324 ]
NO.321  Re[5]: 彼も、がんばれ!
□投稿者/ ひよこ
□投稿日/ 2003/12/11(Thu) 00:20:11
□IP/ 210.149.190.142


末っ子が親の面倒を見るというの、大勢の常識ですね。
しかし、うちの様に、末っ子の男子なのに日本で住んでる例外も…。
お兄さんにまかせっきりで、申し訳ないm(__)m
リホさん、ビザの件大変そうですが、本当の愛がお互いにあれば、大丈夫でしょう。
移住問題にしてもそうですね。
この「お互いに」というところがくれぐれもポイントです。
リホさんのみが努力のオニになってはいけませんよ、無理は後々たたります。
協力して乗り越えてくださいね。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 321 ] / ▼[ 325 ]
NO.324  Re[6]: 「頑張り」文化の違い
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/12/11(Thu) 15:36:16
□URL/ http://japanepal.com/
□IP/ 202.52.251.143


ひよこさんへ

> リホさんのみが努力のオニになってはいけませんよ、無理は後々たたります。

激しく同感+共感しています。

ひとりで悩んだり、ひとりで行動したりするのではなく、夢を実現させるために互
いが考え、そして「実行」すること。


自分が一生懸命すること=日本の美学

他人にうまく仕事をやらせる「マネジメント能力」が評価される=ネパール

という文化の違いもあります。「自分で頑張る」の頑張りに対する根本的理解が、
日本とネパールで、全然違うことも時にあります。


*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

このスレッドが盛り上がったこと。管理人としてとてもうれしく、みなさまに感謝
しています。日本にいてもネパールにいても、緩やかな「連帯感」を感じて、みん
なで幸せになりたい!と、願っています。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 324 ] / 返信無し
NO.325  Re[7]: 「頑張り」文化の違い
□投稿者/ リホ
□投稿日/ 2003/12/11(Thu) 23:56:19
□IP/ 219.17.144.213


「お互いに」頑張らなければ乗り越えられないですよね。このポイントを忘れず
に、また、今知った日本とネパールの「頑張る」というとらえかたの違いを胸に刻
みこんでおこうと思います。


本当に皆様には違う見方や考え方を教えていただいて、感謝しています!

2月にネパールに行く予定だったのですが、キャンセルがでて、急きょ年末に行け
る事になりそうです!急な事だし、日もあまりないので、かなり動揺してパニクッ
ています。心の準備が出来ていない〜。落ち着くのにもう少しかかりそうです。ド
キドキ。


この記事にコメント 



ネパールから日本への荷物発送
□投稿者/ まこと
□投稿日/ 2003/11/02(Sun) 20:14:35
□IP/ 219.121.154.111


今月カトマンズを訪問します。その時にお土産などたくさん購入して、
日本へ送りたいと思っているのですが、他の国のようにUPSやDHLなど、
自宅まで配達してくれるサービスは、カトマンズにありますか?


『地球の・・・方』などを見ると、外国人郵便局から送るとのことですが、
商用の荷物(衣料品・雑貨)も一緒に送りたいので、安全確実(かつ安価)で
発送する方法を探してします。


ご存じの方、場所や料金、安全性について教えてくださいませ。

この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 260 ] / ▼[ 264 ]
NO.261  Re[1]: ネパールから日本への荷物発送
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/11/02(Sun) 21:44:57
□URL/ http://japanepal.com/
□IP/ 202.52.251.143


まことさん、こんにちは

カトマンズから日本への荷物発送ですが、DHL(タメルにも受付カウンターあ
り)、UPS、OCS(キングスウェイにある日系旅行社Trans Himalayan Tour
社)などあります。


料金的に一番安く、ある程度確実なのは、郵便局のEMSではないでしょうか?中
央郵便局に、EMSセクションがあります。


商用見本なら、仕入れ先の問屋さんに「送り方」を相談してみて下さい。それが一
番確実兼簡単だと思います。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 261 ] / ▼[ 265 ]
NO.264  Re[2]: ネパールから日本への荷物発送
□投稿者/ かんち
□投稿日/ 2003/11/04(Tue) 15:00:14
□URL/ http://www.cya-cya.com/nepal
□IP/ 202.52.251.142


ナマステ、みなさま。

郵便局のEMSで思い出した、気になっていたことがあります。
(ネパールからの荷物の発送…ではないのですが)


ある日、友人が日本の家族から送られてきた荷物をGPOに受け取りに行きました。
そこの係りの人が荷物の中身を調べながら
「あ、これはウチの息子に丁度いい」といって絵本を
「おお、これは娘にぴったりだ!!」といって洋服を抜き出したというのです。


こちらに来て日の浅かった友人は絵本の時はワナワナ震えるだけでしたが
さすがに洋服も…ってときには頭に来て「ちょっと!!」と声を出しかけたところ
一緒に行ってくれた人(友人のご主人の所属する事務所のスタッフのネパール人)

「まぁまぁ、ヒトのもの取らずに。これで買ってくれ」とお金を渡した…と言うの
ですが。


「こういうのって、こっちでは“あり”??????」と聞かれて
私は「信じられない!?私なら絶対許さない!!!!」と話聞くだけでも頭に来た
のですが
友人のご主人は、もっと大事なパソコンなどの周辺機器やら何やら入っていたのに
そっちを取られなくて「ああ、よかったぁ」と言ったとか…?


で、実際のところ、こういうのって、こっちでは“あり”なんでしょうか????

この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 264 ] / ▼[ 266 ]
NO.265  Re[3]: カトマンズでの抜き取り
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/11/04(Tue) 15:19:17
□URL/ http://japanepal.com/
□IP/ 202.52.251.142


かんちさん なますて!

そーそー、あります。私の場合、業務用のカレンダーが日本から送られてくる時、
世界的に名の知れた国際クーリエでも「1部」少なく届きます。空港税関職員が
「1つちょうだい、くれなきゃイヤ!」
と、クーリエ会社に圧力をかけるのだそうです。もしかすると、クーリエの方
で.....なんて、考え出すときりがないです。


日本からネパールに発送する場合、衣類、カレンダー、子供のおもちゃなど、「欲
しいなあ心」を喚起させるものは送らないのがベストでしょう。


*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

物事の善悪っちゅー問題があるのですが、ネパール公務員のモラルにはもう、期待
してません。政治家もね。


小さな事から大きな事まで、職権乱用は日常。こーゆー社会を是正するのは、ネパ
ール人自身が立ち上がってくれないと......ね。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 265 ] / 返信無し
NO.266  Re[4]: カトマンズでの抜き取り
□投稿者/ かんち
□投稿日/ 2003/11/04(Tue) 19:36:59
□URL/ http://www.cya-cya.com/nepal
□IP/ 202.52.251.142


な・なるほどぉ…(・・;)
日常茶飯事かぁ、うーむ…って、納得出来ないぞぉ、私はぁ!!!!!
と、怒っても、それをどこにぶつけていいのやら。うーーーーー。


そういうモラル欠如の公務員との新たな戦いが
実は今日から始まっているのですよ、我が家では。
それについて、困った時や愚痴りたい時は“ここ”にカキコさせて頂きますので
よろしくお願いします。<(_ _)>


この記事にコメント 


ネパールの郵便事情
□投稿者/ 中平
□投稿日/ 2003/10/29(Wed) 21:31:07
□IP/ 61.86.51.30


ネパールの大学に郵便物を今年6月送りましたが、10月になってようやく着きましたとの
連絡がE-メールで返ってきました。日本からネパール、ネパールから日本でどの位なので
しょうか?


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 252 ] / 返信無し
NO.254  Re[1]: ネパールの郵便事情
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/10/29(Wed) 22:07:52
□URL/ http://japanepal.com/
□IP/ 202.52.251.143


中平さん こんにちは

通常の航空郵便ですと、1週間から10日もあればカトマンズ〜日本/日本〜カト
マンズ届くと思います。日本からカトマンズ、5日間で手紙が届いたこともありま
す。


ダサイン、ティハールなどの祭り期間中になると、かつては「片道1ヶ月」ほどか
かったこともありました。最近は郵便事情も改善されていると、そんな印象もあり
ます。


*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

大切な書類の場合

DHLまたはOCSという海外クーリエ。
郵便局ならEMSメイル。


を使うことをお薦めします。DHLは料金は高いですが、ネット上で配達状況を確
認することが出来ます。


EMSも同様のサービスがありますが、ネパール郵便局到着後は追跡できないそう
です。


OCSはカトマンズでは、日系旅行会社が代理店です。料金もDHLより安く、確
実です。


上記詳しいサービス・料金は、それぞれの代理店やウェブサイトでご確認下さい。

この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 252 ] / ▼[ 255 ]
NO.253  Re[1]: ネパールの郵便事情
□投稿者/ rani
□投稿日/ 2003/10/29(Wed) 22:06:00
□IP/ 210.250.124.139


こんにちは。
今月わたしは頼まれて郵便局からネパール(カトマンズ)へ荷物を送りました。
郵便局の方には早ければ4日くらいで届くはずといわれましたが、
おっちょこちょい、荷物の中身を英語ではなく漢字で書いてしまったためか?
留まって2週間ぐらいかかって届きました。それでも遅い!って思いましたけど
6月に送って10月に届いたって・・・一体どこを走っていたんでしょうね。
もっと早く届くものなのか、本当のところを誰かにお聞きしたいです。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 253 ] / 返信無し
NO.255  Re[2]: 書類・住所の不備の場合は
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/10/29(Wed) 22:15:54
□URL/ http://japanepal.com/
□IP/ 202.52.251.143


raniさん、こんにちは

私の場合、日本からの書籍小包で、発送者が私の「私書箱」表記を途中までしか書
いていなかったことがありました。これは発送から3〜4ヶ月後に届きました。住
所が不備であったにもかかわらず、ちゃんと届いたことにびっくりしました。


日本から郵送の場合、
 通常の航空便
 船便
 EMSメイル
でも状況は変わるようです。


書類や手紙以外の「荷物」の場合、内容物の検査(しかも表記が日本語だったため
か?)で時間がかかることがあります。EMSですと、航空便小包より迅速だと思
います。


それにしてもネパールとの手紙・荷物のやり取りは、ちゃんと届いたと知らせがあ
るまで心配ですよね。


この記事にコメント 



日ネ家族、子供の「言語問題」
□投稿者/ Mie
□投稿日/ 2003/10/23(Thu) 11:07:17
□IP/ 219.100.26.102


初めて書き込みします。 みえと申します。 息子が5月に生まれて今5ヶ月。
夫はネパール人です。 今、ネパール大使館で子供のパスポートを申請中。来月に
はネパールに行って、向こうのご両親に会わせようかと思ってます。 
 ところで、日ネカップルの皆様に質問なのですが、日本で子供を育てる場合、ネ
パール語はどの様に学ばせてますか? ネパールを母国語とするどちらかの両親が
ネパール語で話しかければ良いのですが、夫は日本語がまず、出てきてしまうらし
く、知り合いの日ネカップルも多々おりますが、みんなあんまりネパール語で話し
かけないみたい。 向こうに帰ったときに、おじいちゃん、おばあちゃんや従兄弟
のみんなと会話も出来なくなってしまう! と、夫にはっぱをかけているのです
が、、、。 ネパール語は発音が難しいから、小さい時に覚えるのがいいのにな
ー。と思ってます。  それでは、また。 


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 229 ] / ▼[ 238 ]
NO.230  Re[1]: こんにちは。
□投稿者/ カンチャママ
□投稿日/ 2003/10/23(Thu) 17:44:23
□IP/ 210.149.190.138


http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/9242/framepage1.htmに日本ネパール
パリワールの会HPがあり、子供の言葉についてたくさん意見が載っています。
もう読まれていたらごめんなさい。
うちの子供も、主人が不熱心でダメですね。こどもはあっという間に言葉を覚えますか
ら、長期でネパール滞在予定ならあまり心配する事ないと思います。短期ではカルチャー
ショックのうちに終わってしまうというのが現実でしょうか。
使わない言葉はどんどん忘れてしまうのが自然なようです。喋れた子も、日本生活が長く
なると忘れますし。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 230 ] / ▼[ 244 ]
NO.238  ありがとうございます。
□投稿者/ Mie
□投稿日/ 2003/10/24(Fri) 12:00:57
□IP/ 219.100.26.106


 日本ネパール パリワールのHP、ためになりました。 ついでに入会もしてしま
いました。 日ネカップルって思ったよりたくさんいるんですねー。
 「ネパールの空の下」も、いつも見て言いるビンティで最近知りました。
カトマンズでたくましく生活されてる、ミキさんのコメントもありがたかったで
す。 あさって、日ネ協会のティハ−ルのお祭りがありますが、ここに書き込まれ
てる方も、少なからず参加するのではないかなー。 5ヶ月の息子を連れて行きま
すので、もし良かったら、声を掛けてくださいね。  


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 238 ] / 返信無し
NO.244  Re[3]: ありがとうございます。
□投稿者/ カンチャママ
□投稿日/ 2003/10/24(Fri) 22:39:18
□IP/ 210.149.190.138


パリワール入会、よかったです。
お仲間が増えて嬉しいです。
お茶会もそのうち開かれると思いますので、お会いできたらいいですね。


この記事にコメント 


--------------------------------------------------------------------------------

▲[ 229 ] / 返信無し
NO.233  Re[1]: うちの愚息は....
□投稿者/ 空の下ミキ
□投稿日/ 2003/10/23(Thu) 20:00:35
□URL/ http://japanepal.com/
□IP/ 202.52.251.142


カトマンズからこんにちは。

我が家は父親ネパール人、母親日本人でカトマンズ在住です。愚息は12歳。小学
6年生になりますが、ネパール語と英語しか喋りません。


日本語は、ある程度理解しているようですが、喋りません+喋れません。うちの亭
主も、全然日本語を喋らない人です。


我が家の場合、ネパール人で何が悪い!という意固地な子育てなもので、別に日本
語が喋れなくてもいいか.....と、ここまでやってきました。家族で日本に住
む予定はないですし、将来息子が「日本語を喋りたい」と思った時は、カトマンズ
に沢山ある日本語学校に行くでしょう。


状況は違いますが、こういう例もありますよ.....と。

子育ては大変ですが、大きな喜びでもありますよね。お互い頑張りましょう!

この記事にコメント